カードローンの審査に通るための条件とは?まるごと解説!

MENU

カードローン審査に通るための条件とは?共通している点は

 

カードローンの審査基準は金融業者社によって多少異なります大凡の共通点はあります。一般的な共通事項として審査に通るための条件は以下が挙げられます。

 

ここではカードローン審査に通るための条件を消費者金融や銀行カードローン比較しながら、どういった条件が必要になってくるのか見ていきます。

 

まず、消費者金融、銀行系のカードローン関係なく次に挙げるポイントは共通事項です。最低限以下の条件を満たしていなければ借入は難しいと思った方が良いでしょう。

 

一定した安定収入がある

カードローン審査において最も重要視されるのは、貸したお金をきちんと返してくれるかどうかの返済能力の有無です。毎月一定し収入はカードローンでお金を借りる人にとって大前提の条件となります。

 

規定の年齢条件を満たしている

年齢条件については各社で定めている条件には多少の違いはあるものの、一般的には20歳〜69歳までといった年齢条件が設けられています。上限については66歳や70歳など多少のばらつきが見られますが、下限についてはほとんどのところで20歳以上となっています。

 

他社での借入件数は多くないか

他社借入件数が多いとカードローン審査では不利になります。

 

何社までならOKなのかは審査基準の違いがあるため一概には言えませんが、2、3社程度でしたら問題ないものの4社以上となってくると審査に通りにくくなると言われています。

 

過去のクレジットヒステリーは汚れていないか

カードローン審査には必ず信用情報機関にて信用情報の確認が行われます。

 

過去に延滞や債務整理など金融事故を起こしていた場合、5年から10年の保有期間の間は事故情報を起こしたという「異動」の記録が信用情報に載りつづけるのですが、その間はカードローン審査に通ることは難しくなります。クレジットヒステリーは、重要です。

 

カードローンの審査基準は複雑なのでこれらの条件をクリアしていれば必ず審査に通るというわけではありませんが、まずは上記の条件を最低限クリアしていることが重要です。

 

また、銀行カードローンと消費者金融のカードローンとでは審査の内容が違ってきます。

 

どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

 

断られたカードローンに再度審査申し込みは出来る?

カードローンですぐお金借りる場合は審査を行い、本人に本当に返済能力があるかを確かめます。カードローン会社としてもお金を貸しても返済の可能性がなければ、返す見込みのない人に貸すことは出来ません。

 

審査は本人確認や収入の確認、また本人が勤めている会社への在籍確認、そして信用事故がないかの確認を行います。これらの確認をして、問題がなければカードローンでお金を借りることができます。

 

ですが、例えば過去に債務整理をしており、それからあまり時間がたっていないときはカードローンでお金を借りることはできません。信用が重要になりますので、断られることも少なくありません。

 

もし一度借り入れで断られた場合、断られたところからすぐに借り入れをすることはできません。また断られた会社以外から、すぐに借り入れをしても情報は共有しているためばれてしまいます。

 

裏を返せば、少し時間をおけば違う会社からお金を借りられる能性はあります。どのくらいの時間が経過すればよいかは、時と場合によって異なりますが、少なくとも半年程度は時間を空けた方がよいでしょう。

 

また、一度断られた会社にもう一度申し込む時も1年ぐらいは時間おいた方が確実です。焦って1か月程度で再び借り入れをしようとする人もいますが、そこで断られるともう一度振り出しに戻らなければなりませんので、注意してくださいね。

 

銀行カードローンの審査は厳しい

銀行カードローンは一般的に、審査が厳しく時間がかかる傾向にあると言われています。

 

低金利のため審査は厳しい

銀行カードローンは銀行の融資であるため安心感もあり、また低金利なことから人気があります。

 

しかし低金利な分審査は厳しい傾向になります。金利が低いということは、それだけ利息収入が少ないということです。

 

カードローンの収入は利息による収入でので、そこから人件費や広告費などさまざまな経費を出すことになります。もし貸したお金が返してもらえないようなことになりますと、補填しなくてはなりません。

 

そのため低金利なカードローンのケースは審査を厳しくし、お金を貸す人を厳選して貸し倒れリスクを少なくしています。特に昨今は過剰融資の問題で審査はより厳しくなっていると考えていた方がよいでしょう。

 

ただ銀行カードローンと言っても、住宅ローンに迫るほどの低金利なものもあれば、消費者金融と変わらない程度の高金利なものまで様々です。審査の厳しさも各社によって違いがありますので、口コミなどを参照にして選ぶと良いかもしれません。

 

概ね、金利が高いほど若干審査は緩やかになる傾向があります。

 

即日融資は不可能!三重審査で時間がかかる

銀行カードローンにも即日融資可能は期待できません。消費者金融の審査スピードに比べますと時間がかかります。

 

そもそも銀行カードローンは保証会社を入れているため、審査は銀行本体の審査にプラスして保証会社の審査も行われます。その上最近では警視庁のデータベースへ照会を行う必要があります。

 

ただでさえ低金利なため審査に対しては慎重な姿勢をとらざるをえない銀行カードローンですが、三重の金融機関の審査が必要になるということもあるため審査にある程度の時間を要することはあらかじめ理解しておいたほうがいいでしょう。

 

最短即日で融資を希望するなら消費者金融の一択のみです。

 

消費者金融カードローンの審査は速い

消費者金融のカードローン審査は、銀行カードローンと比べれば比較的柔軟で審査スピードが速いというメリットがあります。

 

柔軟な審査

消費者金融の審査は柔軟と言えます。

 

消費者金融は金利が高めです。その分利息収入が多くなりますから、ある程度の貸し倒れリスクにも対応できます。そのため、低金利な銀行カードローンよりも審査は柔軟です。

 

ただし各社で審査基準には違いがありますので、審査の厳しさは各社によって異なります。例えばSMBCモビットでは審査に落ちたけれどプロミスでは通った、という方もいれば、逆の方もいらっしゃいます。

 

融資の可否は一つの事柄で決まるのではなく、属性や信用情報などさまざまなことを審査して決定します。そのため同じ大手消費者金融でも審査に通るところと通らないところとが出てきます。

 

また同じ消費者金融と言っても、大手と中小の消費者金融とでは審査の厳しさは違ってきます。大手の消費者金融で審査に通らない方が中小の消費者金融を利用する、というのが流れです。

 

審査が速い理由は審査ノウハウにあり

大手消費者金融の審査スピードは最短30分などと非常にスピーディーです。なぜそんなに早く審査ができるのか?といいますと、その理由はコンピューターによる自動審査システムです。

 

これまで長年培ってきた審査ノウハウや過去の膨大な顧客データをもとに、申込をした人物に返済能力があるかどうかを瞬時にコンピューターでスコアリングしてはじき出します。

 

また個人信用情報機関ができたことで信用情報を審査時に確認できるようになり、他社での借入状況や返済状況、申込状況などさまざまなことがわかるようになったのも審査スピードへと繋がっています。

 

このように審査の仕組みが自動化しているため、消費者金融の審査は速くなっているのです。

 

カードローン審査に通るために注意したいこと

申込内容に不備がないか

インターネットやスマホ申込が主流となっていますが、そうなりますと住所や電話番号などの誤字脱字等の間違いは多くなりがちです。

 

もちろん手書きで郵送手続きの場合だとしても誤字脱字というのは発生しますが、パソコンやスマホですと手軽に入力できる分、つい間違えてしまうことは多そうですよね。

 

ちょっとした間違い程度でしたらまだいいのですが、借入件数や年収など、「虚偽記載」と取られる可能性のある項目では、間違えてしまわないよう注意しましょう。

 

たとえ意図的なものではなくても審査する側から見ると嘘の情報を書いている、と判断されてしまうこともあります。

 

またある程度の誤字脱字程度は誰しもあることですが、あまりにも多いようですとお金を貸すにあたって「この人はほんとうにお金を貸してもしっかり返してくれる人物だろうか?」という点で不安に思われ審査に影響する可能性も考えられます。

 

カードローンの申込は手軽にできるようになってはいますが、そもそもお金を借りる、借金をするための申告内容なのだということを頭に入れ不備がないように注意しましょう。

 

短期間に複数申し込まない!申込は1社ずつ行う

信用情報には申込をした情報も6ヶ月間保有されます。

 

短期間に複数のカードローンの申込をしていますと、それだけ急にお金が必要なのかもしれない、今後返済先が増えて大変になるかもしれないなどと疑われてしまいます。

 

それだけで審査に落とされてしまうようになりますから、申込は1社ずつ、短期間に複数申し込まないよう注意しましょう。

 

希望額は必要最低限に!

希望額が多すぎるからといって必ずしも審査に落ちてしまうということではありませんが、希望額は控えめな方が審査はスムーズに通る可能性が高くなります。

 

審査に通りやすいカードローンを選ぶ

審査にどうしても通りたい考えるのであれば、審査に通りやすいカードローンを選びましょう。中には銀行カードローンにばかり申込をして、審査に落ち続けているという方もいらっしゃいます。

 

銀行カードローンは金利も低くて魅力的ではありますが、審査が厳しいため条件に自信がある人以外はおすすめできません。

 

大手消費者金融のカードローンでも無利息期間のあるカードローンを利用すれば、借入期間によっては銀行カードローンよりも利息を抑えることができますし、また銀行傘下の消費者金融もあるので安心感もあります。

 

無職が消費者金融でキャッシングできるの?

消費者金融でキャッシングをするためには本人に安定した収入が必要です。よって無職であればそもそもどこのキャッシング会社でもお金を借りることはできません。

 

貸金業法の総量規制では、個人が貸金業全体から借り入れができる金額を年収の3分の1に定められています。専業主婦も消費者金融では借り入れをすることができませんが、総量規制の影響を受けるからではありません。

 

貸金業法では消費者金融が認めるのであれば配偶者の収入を審査対象として専業主婦も借り入れが可能としています。しかし現状「配偶者貸付」を認めているところは極端に少なく、また知名度の高い消費者金融ではありません。

 

このことからも本人に収入が無ければ審査に通ることはないのです。しかし、アルバイトやパートの方でも収入を得ているのであれば審査が受けられます。

 

無職がお金を得る方法

無職がお金を借りる方法は難しいとお伝えしました。無職の人は銀行や消費者金融以外でお金を工面する必要があります。以下にまとめてみましたので、参考にしてください。

 

  • 家族から借りる(友人や知人も含む)
  • 不要品を売る
  • 公的制度を利用

 

大きく分けるとこのようになります。一番良いのは家族から一時的に借りることですが、それが無理な場合は不要品などを売り一時的にお金を得る方法もあります。今はメリカリなどスマホで簡単にやり取りができます。

 

他にも公的制度を利用できないか、市などに相談してみるのもひとつの方法です。

 

ただ、どの方法でも一時凌ぎに過ぎません。無職の人は一歩踏み出し週の2〜3回、短時間でも良いので働くことをおすすめします。実績を作ればカードローンの借り入れも可能になるかもしれません。

 

コツコツ少しずつ先に進むしかありません。